どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常

自閉症の娘の育児、家族の記録

被害者遺族

母 ハローワークに行く

仕事を始めたいと思いつつ、自分の体調、あいぼん、お姉ちゃんのことがあり、難しい状況が続いている。現在の求人状況はどんな感じなのか、ハローワークに行ってみた。ハローワークは仕事を探す多くの人がいた。総合受付で、いくつかの質問項目があり、その…

カウンセリングでの気付き〜専業主婦の自分への劣等感〜

4月からカウンセリングに行くようになり、その時々での困り事を聞いてもらい、あいぼんのことなど、解決の方法を自分自身で整理していく作業をしている。あいぼんの就学のことが一応、ひと段落。 保育園のお迎え時の荒れ具合が、今のところ落ち着いている。…

交通事故被害者遺族として

池袋暴走事故のお父さんとご主人の意見陳述を読んで、何とも言えない気持ちになり、自分の時を思い出していた。5歳だった次女を亡くし、自分と長女が怪我をした事故から15年経つが、今でも交通事故の報道を見聞きすると当時の記憶が蘇る。 (次女が使って…

【就学】ランドセルに対する想い

我が家には使っていない新しいままのランドセルがある。 次女が入学する年に買った物。 保育園の年中組、5歳の時に亡くなったから、ランドセルは背負っていない。お姉ちゃんが小学生になる時、お姉ちゃんのランドセルを羨ましそうに見ていた次女。「ななは…

二十歳

次女、七瀬の二十歳の誕生日。もし生きていたら成人式の年。 どんな振袖を選んでいたのかな。誕生日、おめでとう。 にほんブログ村 自閉症児育児ランキング↑ よろしければ応援クリックをお願いします。😊

消化しきれない思い

4回目のカウンセリングへ行った。 今回は、あいぼんの就学相談や困り感の話をした後、特総センターへの行き方の話になった。特総センターへは電車で行く予定だが、駐車場もあるので車でも行ける。けれども事故以来、高速道路が運転出来なくなり、知らない道…

【就学】特総センター対策

就学に向けて、✔︎就学説明会 ✔︎小学校、校長と面談、支援級の見学 ✔︎児童相談所で発達検査 ✔︎特総センターに申込書郵送ここまで終わった。次は、特総センターの面談がある。特総センターをあいぼんに説明するのは難しい。けれど、予告なしで出掛けるとパニッ…

母 初回カウンセリングに行く

療育センターのソーシャルワーカーさんに探してもらった、カウンセリングルーム。前回、インテーク面接をした。 担当カウンセラーが決まり、初回のカウンセリングに行ってきた。20代後半か30代前半ぐらいの女性カウンセラーが担当に。正直、大丈夫かなぁ…

母 インテーク面接を受ける

療育センターのソーシャルワーカーさんに調べてもらった、カウンセリングルームを予約。予約日時にカウンセリングルームを訪ねた。初回なので、インテーク面接を受けた。担当のカウンセラーは、50代ぐらいの女性カウンセラー。生育歴、今までの家族の移り…

自己紹介

改めてまして、自己紹介をさせていただきます。ハンドルネーム みかん 大阪府出身商業高校卒業後、電気メーカーに就職 経理部で関連会社の決算を担当親の転勤で近畿の他県へ 小さな会社へ転職、経理事務担当結婚後、ガソリンスタンドの事務パート 出産後、嫁…

お姉ちゃんの卒業式

お姉ちゃんの卒業式。高校3年生の時に体調を崩して入院。 卒業後は1年療養して、翌年に専門学校へ入学し、今年卒業式を迎えた。昨年、入院、退院を経て、現在自宅療養中。 入院前に単位を取得出来ていたので無事に卒業することが出来た。 女の子は袴を着る…

【障害年金】①障害年金の申請を考える

お姉ちゃんのこと。 障害年金の申請を考え悩んで、主治医に相談してみた。今の状況で働くのも難しいでしょうから、ギリギリ通るのではないか。 本人(お姉ちゃん)が良いと思っているのなら、申請を考えても良いと思うと言われた。 お姉ちゃんは小学生の頃か…

今年1年を振り返る

本日もあいぼんのおねしょで起こされた、、 毎日毎日、勘弁して欲しい。 イレギュラーの連続だった1年。緊急事態宣言が出て療育センターが閉まり、個別療育からスタート、少人数療育からグループ療育になっていった。まさか療育センターが閉まるとは思って…

12月16日〜あの日から14年〜

あの日から14年が経った。 朝まで元気で笑っていた。 スキップで駐車場まで行き車に乗った。 午前9時半頃、事故に遭い午後11時40分に旅立った。 発表されている交通事故の死亡者数は、事故発生から24時間以内に亡くなった人の人数。1日以上頑張っ…

12月〜次女が最後に生きた季節〜

12月になった。毎年、この季節になると次女が最後に生きた日々を思い出す。落ち葉を踏んで手をつなぎ歩いた道。保育園の参観で一緒に作ったクリスマスリース。12月になってから急性中耳炎になったり膀胱炎になったり、夜中に救急病院へ行ったり、保育園…

過去を振り返る作業と、今を受け入れる

過去を振り返って、あの時、こうしていたら、今はどうなっているだろう…と思うことはあるが、以前より少なくなってきている。ただ毎年、次女の命日に向かうこの時期は、思うことは色々とある。色付いてきた木々を見ると思う。 落ち葉を踏んで手を繋ぎ、一緒…

障害児の親5年半 被害者遺族になり14年。

障害児の親になって5年半。 我が子の発達の遅れ、育てにくさに疲れ果て、障害があるのかもしれないから、きっとそうに違いないと感じ、療育センターへ相談に訪れたのは、あいぼん2歳になったばかりの頃。自閉症と診断され、なんで我が子なんだろうと悲観し…

カウンセリングのありがたさを感じる

今年1月まで、大学心理相談室でカウンセリングを受けていた私。コロナの影響で大学が閉まっていて、休止している。毎月、通ってカウンセラーに話して帰って来るだけのように思っていたけれど、話すことで何が困っているのか?どうするのが良いか?何を重要…

池袋暴走事故の初公判に思うこと 被害者遺族が裁判に臨むということ

池袋暴走事故の初公判、テレビやネットでの報道を見て、色々思うことがあるが、あまりにも酷すぎて言葉が見つからずにいた。 被告が起訴内容を否認したとのこと。 車の不具合があったと主張したこと。私は裁判を傍聴していないので、被告の発言を見たわけで…

犯罪被害者 裁判への参加制度

池袋の暴走事故のご遺族、松永さんの河野大臣へのツイートを見て思ったこと。 裁判員裁判で裁判員に選ばれた場合、多くの企業が特別休暇を認めているが、犯罪被害者が裁判に参加する場合それが認められていない。 ある日突然、犯罪被害者になる。 誰にでもそ…

頭痛、首痛、痛い

おはよう御座います。 あいぼん、4時起きです、、 4時なら早朝なので、まだましだと思える… 5年以上この生活なので、感覚が麻痺しております。 もともとストレートネックの私。 事務仕事をしていた時は、肩凝りが酷かった。追突事故に遭ってからは、更に…

【歯科】障害者歯科の歯磨きトレーニングと高速を運転するということ

障害者歯科へ歯磨きトレーニングに行った。◯電車に乗って歯科へ行く。 ◯歯科衛生士さんと一緒に診察室へ行く。 ◯歯のチェックと歯磨きトレーニングをする。 ↑ この流れがわかってきたようで、拒否することなく出来るようになった。フッ素は嫌みたいで、、 自…

生きている我が子が亡くなった我が子の年齢に近づく

あいぼんは、現在5歳4か月。 後1か月で、5歳5か月になる。5歳5か月… 次女が亡くなった年齢。その年齢に、生きている我が子が近づく。そして、越えようとしている。何とも言えない感情がある。言葉に出来ない思いがある。 あいぼんは、次女が生きてい…

あるシングルマザーの方のブログ

半年ほど前から読んでいるブログがある。おすすめで出てきて、何気に読み始めたのがきっかけ。小さなお子さんの子育て真っ最中のママさんで、微笑ましい、でもバタバタの毎日がつづられている。読み進めていくうちに、彼女が死別シングルマザーで、ご主人を…

【私のこと】契約など機敏に動けない

40代半ばの私。30代までは、手続き、契約などスムーズに出来ていた。40を過ぎてから(あいぼん出産後)頭が働かなくなった気がする。 (お姉ちゃんとお蕎麦やさんで食べた、冷やしたぬき)ここ数ヶ月では◯児童発達支援の見学、相談、契約。◯偏食外来の…

お空のななちゃんの誕生日

次女の誕生日、生きていたら19歳になる。大きくなった姿は想像出来ないけれど、、、 毎年、誕生日にはお花をプレゼントしている。 亡くなってから数年は、喜びそうなおもちゃを買っていたけれど、本人が遊ぶことなく品物だけが残るのがなんかだか切なくて…

京都、大谷本廟よりインターネット中継法要の案内

次女の遺骨は、京都の大谷本廟に納骨している。昨年のゴールデンウィーク中にお参りに行った。京都の大谷本廟より手紙が届いた。 「納骨・永代経総追悼法要」について コロナの影響で閉鎖中の大谷本廟。納骨、法要の受け入れは中止とのこと。インターネット…

地方裁判所の判決後のこと

(ファミリーサポートセンター等の方々からの手紙) 【被害者遺族になるまで知らなかったこと】の 続き。 地方裁判所での判決後、被告人が控訴。次は高等検察庁の検事に連絡。 意見陳述は書面で送付した。高等裁判所での公判日当日に、被告人は出廷せず、控…

被害者遺族になるまで知らなかったこと

先日、大津の保育園児が亡くなった交通事故から1年が経ったとの報道を見た。やはりこういうニュースは、敏感になってしまう。 閉鎖したけれど、以前ホームページを作っていて、そこには色々書いていた。 (次女のことを書いたホームページ) 私が被害者遺族…

最期の別れ、葬儀の大切さ

大和田美帆さんのブログを読んで。 コロナにより亡くなった岡江久美子さんとの別れ…大和田美帆さんのブログより死顔を見ること、 家族で泣き合うこと、 葬儀をすること、 弔問に来てくださる方に直接ご挨拶すること。それらすべてが 残された者にとって気持…