どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常 

自閉症の娘の育児、家族の記録 支援級の1年生です。

被害者遺族

天国の七瀬へ

〜天国の七瀬へ〜 2008年に私が作ったホームページのタイトル。 (今は閉鎖している) 左は年中組の運動会、かけっこで一番になって嬉しそうにしていた写真。年長組は一周して親にバトンをつなぐ。 「来年はお母さん絶対に走ってよ!」と話していた。 まさか…

ベネッセウィメンズパーク

ベネッセが運営していた掲示板、ベネッセウィメンズ。 21年の歴史に幕を閉じた。 最後の3週間ほどは、お別れサイン帳という部屋が出来ていて、その部屋で10年以上前のハンドルネームで呼び掛けて下さった方がいて、私の発言を覚えて下さっていたことが…

【就学】自閉症児と過ごす休日(夏休み)の遊び場を考える

就学後の休日、特に夏休みなどの長期休暇をどう過ごすか考える。4月から放課後デイには、週3日行く予定。 嫌がらずに行ってくれたら、夏休みも週3日利用出来る。(9時から3時)週2日の平日、あいぼんと2人で過ごさなければならない。ちなみにお姉ちゃ…

【就学】あいぼん放課後デイに行く

就学に向けて、学校→放課後デイへ行くイメージがつくように、保育園→児童発達支援併設の放課後デイに行くことになっていた、あいぼん。この放課後デイ、電話して折り返すと言って連絡がなかったり、メールを送っても連絡がなかったりで、それまでにも感じて…

大人の発達障害 心理検査の結果

大人の発達障害かもと思い、心理検査を受けた私。 結果を聞きにクリニックを訪れた。 今回受けた検査は、ウェクスラー成人知能検査というもの。3枚の紙面に詳しく結果の説明が書かれていた。 (結果の一部)検査結果全検査IQ 101 言語性IQ 100 動作性IQ 102…

カウンセラーの退職

療育センターのワーカーさんに調べていただいたカウンセリングルームへ、今年4月より通い出した私。 月に1回、カウンセラーに話す機会が出来て、色々と気持ちの整理が出来て考えがまとまるようになり、このまま通い続けようと思っていた。しかし、担当のカ…

【就学】入学準備と支援級の先生からの依頼

スーパーに行くと、入学準備グッズが販売していた。あいぼん就学予定の小学校のホームページを見ると、入学準備品の説明が記載されていたので、文具類だけ購入した。のりの蓋、開け閉め出来るだろうか。そういえば、支援級の先生に、体操服を着る練習をして…

命日

交通事故に遭い、次女、七瀬が亡くなった日。 あの日の前日、保育園と学童保育に娘達を迎えに行き、その帰りにカットに連れて行った。予定に入れていなかったのだけれど、年末になれば混むからと何となく連れて行ったのだ。帰りにスーパーでゲームをしていた…

千の風になって 

千の風になっての訳詩作曲者、新井満さんが亡くなられたとのニュースを見た。千の風になっては作者不詳の詩を、新井満さんが翻訳、作曲。 2006年の紅白歌合戦で、秋川雅史さんが歌い、大ヒットした曲。次女が亡くなったのは、2006年12月16日。 …

交通事故の報道と命日に向かう苦手な季節、遺族として傷ついた言葉

寒さが増してきて、心も寒く感じられる、私が苦手な季節。次女が生きていた、最後の今頃の季節を思い出すから。12月の晴天の日、交通事故に遭い、5歳で亡くなった次女。 何年経っても、交通事故の報道は苦手。 普段は普通に生活していても、一気に当時に…

就学準備疲れ

11月も終わりに近づき、何だかどっと疲れが出ている。春から、あいぼんの就学に向けて突っ走って来た。 就学説明会、小学校の校長と面談、支援級見学、児童相談所で療育手帳の更新のため発達検査、特総センターで就学相談、放課後デイの見学、就学時健診。…

母 ハローワークに行く

仕事を始めたいと思いつつ、自分の体調、あいぼん、お姉ちゃんのことがあり、難しい状況が続いている。現在の求人状況はどんな感じなのか、ハローワークに行ってみた。ハローワークは仕事を探す多くの人がいた。総合受付で、いくつかの質問項目があり、その…

カウンセリングでの気付き〜専業主婦の自分への劣等感〜

4月からカウンセリングに行くようになり、その時々での困り事を聞いてもらい、あいぼんのことなど、解決の方法を自分自身で整理していく作業をしている。あいぼんの就学のことが一応、ひと段落。 保育園のお迎え時の荒れ具合が、今のところ落ち着いている。…

交通事故被害者遺族として

池袋暴走事故のお父さんとご主人の意見陳述を読んで、何とも言えない気持ちになり、自分の時を思い出していた。5歳だった次女を亡くし、自分と長女が怪我をした事故から15年経つが、今でも交通事故の報道を見聞きすると当時の記憶が蘇る。 (次女が使って…

【就学】ランドセルに対する想い

我が家には使っていない新しいままのランドセルがある。 次女が入学する年に買った物。 保育園の年中組、5歳の時に亡くなったから、ランドセルは背負っていない。お姉ちゃんが小学生になる時、お姉ちゃんのランドセルを羨ましそうに見ていた次女。「ななは…

二十歳

次女、七瀬の二十歳の誕生日。もし生きていたら成人式の年。 どんな振袖を選んでいたのかな。誕生日、おめでとう。 にほんブログ村 自閉症児育児ランキング↑ よろしければ応援クリックをお願いします。😊

消化しきれない思い

4回目のカウンセリングへ行った。 今回は、あいぼんの就学相談や困り感の話をした後、特総センターへの行き方の話になった。特総センターへは電車で行く予定だが、駐車場もあるので車でも行ける。けれども事故以来、高速道路が運転出来なくなり、知らない道…

【就学】特総センター対策

就学に向けて、✔︎就学説明会 ✔︎小学校、校長と面談、支援級の見学 ✔︎児童相談所で発達検査 ✔︎特総センターに申込書郵送ここまで終わった。次は、特総センターの面談がある。特総センターをあいぼんに説明するのは難しい。けれど、予告なしで出掛けるとパニッ…

母 初回カウンセリングに行く

療育センターのソーシャルワーカーさんに探してもらった、カウンセリングルーム。前回、インテーク面接をした。 担当カウンセラーが決まり、初回のカウンセリングに行ってきた。20代後半か30代前半ぐらいの女性カウンセラーが担当に。正直、大丈夫かなぁ…

母 インテーク面接を受ける

療育センターのソーシャルワーカーさんに調べてもらった、カウンセリングルームを予約。予約日時にカウンセリングルームを訪ねた。初回なので、インテーク面接を受けた。担当のカウンセラーは、50代ぐらいの女性カウンセラー。生育歴、今までの家族の移り…

自己紹介

改めてまして、自己紹介をさせていただきます。ハンドルネーム みかん 大阪府出身商業高校卒業後、電気メーカーに就職 経理部で関連会社の決算を担当親の転勤で近畿の他県へ 小さな会社へ転職、経理事務担当結婚後、ガソリンスタンドの事務パート 出産後、嫁…

お姉ちゃんの卒業式

お姉ちゃんの卒業式。高校3年生の時に体調を崩して入院。 卒業後は1年療養して、翌年に専門学校へ入学し、今年卒業式を迎えた。昨年、入院、退院を経て、現在自宅療養中。 入院前に単位を取得出来ていたので無事に卒業することが出来た。 女の子は袴を着る…

【障害年金】①障害年金の申請を考える

お姉ちゃんのこと。 障害年金の申請を考え悩んで、主治医に相談してみた。今の状況で働くのも難しいでしょうから、ギリギリ通るのではないか。 本人(お姉ちゃん)が良いと思っているのなら、申請を考えても良いと思うと言われた。 お姉ちゃんは小学生の頃か…

今年1年を振り返る

本日もあいぼんのおねしょで起こされた、、 毎日毎日、勘弁して欲しい。 イレギュラーの連続だった1年。緊急事態宣言が出て療育センターが閉まり、個別療育からスタート、少人数療育からグループ療育になっていった。まさか療育センターが閉まるとは思って…

12月16日〜あの日から14年〜

あの日から14年が経った。 朝まで元気で笑っていた。 スキップで駐車場まで行き車に乗った。 午前9時半頃、事故に遭い午後11時40分に旅立った。 発表されている交通事故の死亡者数は、事故発生から24時間以内に亡くなった人の人数。1日以上頑張っ…

12月〜次女が最後に生きた季節〜

12月になった。毎年、この季節になると次女が最後に生きた日々を思い出す。落ち葉を踏んで手をつなぎ歩いた道。保育園の参観で一緒に作ったクリスマスリース。12月になってから急性中耳炎になったり膀胱炎になったり、夜中に救急病院へ行ったり、保育園…

過去を振り返る作業と、今を受け入れる

過去を振り返って、あの時、こうしていたら、今はどうなっているだろう…と思うことはあるが、以前より少なくなってきている。ただ毎年、次女の命日に向かうこの時期は、思うことは色々とある。色付いてきた木々を見ると思う。 落ち葉を踏んで手を繋ぎ、一緒…

障害児の親5年半 被害者遺族になり14年。

障害児の親になって5年半。 我が子の発達の遅れ、育てにくさに疲れ果て、障害があるのかもしれないから、きっとそうに違いないと感じ、療育センターへ相談に訪れたのは、あいぼん2歳になったばかりの頃。自閉症と診断され、なんで我が子なんだろうと悲観し…

カウンセリングのありがたさを感じる

今年1月まで、大学心理相談室でカウンセリングを受けていた私。コロナの影響で大学が閉まっていて、休止している。毎月、通ってカウンセラーに話して帰って来るだけのように思っていたけれど、話すことで何が困っているのか?どうするのが良いか?何を重要…

池袋暴走事故の初公判に思うこと 被害者遺族が裁判に臨むということ

池袋暴走事故の初公判、テレビやネットでの報道を見て、色々思うことがあるが、あまりにも酷すぎて言葉が見つからずにいた。 被告が起訴内容を否認したとのこと。 車の不具合があったと主張したこと。私は裁判を傍聴していないので、被告の発言を見たわけで…