どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常 

自閉症の娘の育児、家族の記録 支援級の3年生です。

【小学校】あいぼんお父さんと登校する〜父親のメンタル

登校班で付き添い登校をしている、あいぼん

それ以前は、母子2人で個別に登校していた。

学校の送り迎え=お母さんと決めているため、お父さんの送迎は断固拒否していた。

しかし、登校班には【見守り当番】があり、見守り当番を【お父さん】がやっているご家族もある。

1年生がお父さんと一緒に集合場所に来ている姿も見られる。

それでなのかわからないが

あいぼん、お父さんと一緒に登校するようになった。

う、嬉しいわ。😃

週に1、2回登校してくれると、その時間に掃除機をかけたり家事が出来る。


登校班で付き添いしているのは我が家だけ。

主人は気にならないらしい。

必要なことだから付き添う。

他の人の目は全く気にならないそう。

これって、父親と母親の違い?

私が気になりすぎるだけ…?


必要だから付き添うのは同じ。

けれど、付き添わずに登校出来る子、その親が羨ましいと感じる。

いつも思っているわけではない。


雨が続く梅雨の時期や、汗だくになる夏の日々。

暑い日は、あいぼん不機嫌なので余計にメンタルがやられる。

義理母に言われた

【えっ〜付き添いしなあかんの!地獄やなぁ】がこだまする…

誰にでもキツイ言い方をする人なので、、(義理父への言動を見ていると、お義父さんこんな言い方されてストレスたまらないのかなぁと思う)

言葉を切り捨てることが出来れば楽になれるのかもしれない。



にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村



自閉症児育児ランキング


よろしければ応援クリックをお願いします。😊


どんな空でも - にほんブログ村