どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常 

自閉症の娘の育児、家族の記録 支援級の1年生です。

【小学校】校長面談の日程決まる

支援級に在籍している児童の保護者は、年に1度、校長先生と面談がある。

面談の日程が決まったと手紙が入っていた。


学校でのあいぼんの様子を中心にお話しが出来たらと思っている。

親から見て、あいぼんの自閉は重く、支援級知的クラスの中では知的にも重く感じる。
支援級の先生方にはよくしてもらっているけれど、途中で支援学校に転校になることはあるのか?も聞きたいなと思っている。

入学式の日、新しい校長先生に変わったのを知って、引き継ぎされているのかなと不安に感じたり(前の校長先生が優しく柔軟に対応してくれそうだったので)正直なところガッカリしたのだが、、

式での校長先生の挨拶のインパクトが強く引き込まれて…

朝、校門前で挨拶されている姿を見て好印象。

あいぼんのことも気にかけて下さっている様子。
ま、、それだけ目立つ存在なのだろうけれど…

校長先生との面談、緊張するわ。

障害児の親って、学校や役所、療育関係、色々な所で子供の説明をする機会が沢山ある。
説明力必須よね…💦

頑張って当然を求められる圧を感じる。
頑張れないと思う日も多々あるわ。


にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村



自閉症児育児ランキング


よろしければ応援クリックをお願いします。😊


どんな空でも - にほんブログ村