どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常 

自閉症の娘の育児、家族の記録 支援級の1年生です。

千の風になって 

千の風になっての訳詩作曲者、新井満さんが亡くなられたとのニュースを見た。

千の風になっては作者不詳の詩を、新井満さんが翻訳、作曲。
2006年の紅白歌合戦で、秋川雅史さんが歌い、大ヒットした曲。

次女が亡くなったのは、2006年12月16日。
f:id:gorinosuke:20211205203131j:plain

その年の紅白は、実家で見ていた(流れていた)はずだけれど、秋川雅史さんの歌を聴いていない。

数ヶ月経った頃、姉に教えてもらいこの曲を聴いた。

何回か聴いていくうちに、涙が溢れて止まらなくなった。

秋には光になって畑にふりそそぐ
冬はダイヤのように きらめく雪になる
朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
夜は星になって あなたを見守る


次女は亡くなって、姿は見えなくなったけれど
自然や生き物の中で、生きているんだ…

空を見上げたり、小さな生き物の中に、次女を感じられるようになっていった。


秋川雅史さんの追悼のコメントが心に響く。

新井さんは『千の風になって』という曲は『人が亡くなるという現実がある限り、永遠に必要とされるんだよ』とおっしゃいました。私はこの言葉をいつも胸に秘め、微力ながら大切に歌わせて頂いてきました」と回想した。


私も「千の風になって」を必要としているひとり。

新井満さんのご冥福を心よりお祈りいたします。




にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村



自閉症児育児ランキング


よろしければ応援クリックをお願いします。😊


どんな空でも - にほんブログ村