どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常 

自閉症の娘の育児、家族の記録 支援級の3年生です。

命日〜あの日から16年〜

交通事故に遭い、次女が亡くなってから16年が経った。

もし、生きていたら21歳。
私の中では、ずっと5歳の姿のままだけれど。

去年ぐらいから、お花やお菓子をお供えしても、あいぼんがとらなくなった。

自分のではなく、ななちゃんの物とあいぼんなりに理解している様子。
知的障害、自閉症があっても、家族が次女を大切に思う気持ちは育っているように感じる。


キロロの【生きてこそ】という歌。
よく次女が車の中で歌っていた。

生きてこそ〜♫ 生きてこそ〜♫
今ここからはじまる〜

保育園の行き帰りの車中で歌っていた、甲高い次女の声が思い出される。


歌詞の中の

ママ私をはじめて抱く 気持ちはどうだった?


亡くなったてしばらくこの曲を聴けなくった。


月日が経ってから聴いたら、涙が止まらなくなった。

確かに、小さな子供でも歌いやすい曲。

この曲をよく歌っていたのは、何かのメッセージだったのかもしれない。


次女に会いたい。
正直、いつ迎えに来てもいいと思っているけれど。

もう一度会える日まで、毎日を大切に生きていこうと思う。



にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村



自閉症児育児ランキング


よろしければ応援クリックをお願いします。😊


どんな空でも - にほんブログ村