どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常 

自閉症の娘の育児、家族の記録 支援級の3年生です。

理由のわからない癇癪が減った?

小学校に入学して環境が大きく変わるので、荒れるのではと心配していた。

この1か月を振り返ってみて、理由のわからない癇癪が減ったように思う。

支援級全体は人数が多いけれど、クラス単位では少人数。

一人当たりの先生の人数も多い。

人数が少ない、個々にあったカリキュラム。

自主性を重んじていた自由保育の保育園に比べて、その時間にやる事が分かりやすい。

あいぼんにとっては支援級の生活が、保育園より過ごしやすいのだろう。

男性が苦手のあいぼんが、◯◯せんせー!と担任の先生を呼んだり、慕っている様子。

驚きだわ。

男性が苦手だったわけではなく、丁寧に対応してくれたりたくさん褒めてもらえると大丈夫みたい。

帰宅時間も4時間目までの日は13:30頃、母が迎えに行く。

放課後デイの日は16:00頃に帰宅。

連休明けから5時間になるので心配だが、、
保育園より早いので大丈夫だと良いなぁ。

今後、どうなるかわからないけれど、理由が分からず癇癪を起こしたり、母が蹴られたり殴られてたりしないと本当に気分が良いわ。

まぁ、、理不尽に殴られたり蹴られるお母さん、いないよね、、、(−_−;)



にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村



自閉症児育児ランキング


よろしければ応援クリックをお願いします。😊


どんな空でも - にほんブログ村