どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常 

自閉症の娘の育児、家族の記録 支援級の1年生です。

相談支援専門員が見つけられない

区役所から分厚い封書が届いた。
f:id:gorinosuke:20220202173656j:plain

開けてみると、放課後等デイサービスに関する書類だった。

何枚か書類を書いて返送して欲しいとのこと。

が…
よく読むと、相談支援専門員による計画書の提出が必要とのこと。
それが出来ない場合、横浜市こどもサポートプランを保護者が作成して提出と書いている。

横浜市こどもサポートプラン?なんだ?

相談支援専門員、どこにいる?

市のホームページに事業所一覧があるので調べて、自分で事業所に連絡して契約、計画書を作成してもらうよう記載されていた。
しかし、事業所、相談支援員が少ないので見つからない場合は横浜市こどもサポートプランを作成して提出らしい。

え〜!
今から事業所探して、4月の利用開始に間に合うか?

しかも、ホームページからヒットしづらいし…一覧表を見つけて見たけれど、うちの区にある事業所は受け入れ不可…

他の区で1箇所だけ、今のところ可能になっていたけれど…

なんだかなぁと思う。

無茶振りじゃないか?と思い、区役所に電話して流れを確認したよ。

区役所(横浜市)としては、相談支援専門員を見つけるのは難しいだろうとわかっている。
なので保護者の横浜市こどもサポートプラン作成を提出して、相談員作成の障害児相談支援利用計画案の代わりにするとのこと。

それを強調して書いて欲しいわ。

今から事業所を探すのかと、くらくらしたわよ。

あゝ 相談支援専門員さんに計画書を作成してもらいたい。
高齢者の方で言う、ケアマネジャーみたいな感じなのかな。


横浜市こどもサポートプランを作成しなければ…

障害児の親、書類書く機会多し。
支援者や役所関係他、我が子の説明する機会多し。
親が放課後デイなどの事業所を探して、見学、契約してプラン立ててる感じよ。

老眼で書類書くの辛いの…(涙)


にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村



自閉症児育児ランキング


よろしければ応援クリックをお願いします。😊


どんな空でも - にほんブログ村