どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常 

自閉症の娘の育児、家族の記録 支援級の1年生です。

びよーんと伸びるヘルプマーク(母のバック用に)

あいぼんはお出掛けの際、リュックにヘルプマークをつけている。
区役所でもらったもの。

ただ、リュックを背負っていないことも多く、、

私のカバン(あいぼんと一緒の時に持ち歩く)にもヘルプマークをつけることにした。

区役所でもらったものより、少し大きめで、びよーんと伸びるので扱いやすいそう。

電車に乗った時など、わかってもらいやすいかな。

私自身も障害者手帳を持っているので、ヘルプマークをつけていても、嘘ではないので。

電車では、お絵描きしたり、絵本を読んでいることが多いけれど、ひとり劇をしていることもあるので…

小さな子だからとは、思ってもらえない年齢なので、事情があるのかな?と察してもらえたらと思いを込めて。

ぱっーと走って行ったり、一瞬でいなくなることもあり、目が離せない。

ヘルプマークには、自閉症と知的障害があり、話を理解して伝えることが難しいです。
両親の携帯電話を記載、電話して下さいと書いている。

2、3歳の頃は、もっと目が離せなかったけれど、大きくなるにつれ、別の意味で大変さが増えているように感じる。


にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村



自閉症児育児ランキング


よろしければ応援クリックをお願いします。😊