どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常 

自閉症の娘の育児、家族の記録 支援級の1年生です。

【放課後デイ】放課後デイでスナック菓子を出してもらう

超偏食のあいぼん、放課後デイでおやつ、給食を食べられずにいる。

食育に力を入れている放課後デイで、和食、自然食品が多い。

あいぼんを学校に迎えに行った時、クラスのお友達を迎えに来ていたデイの職員さんに会った。

学校でも給食を食べないためお腹が空いているので、連休明けもデイの帰りを早くしてもらえないか聞いたところ大丈夫とのこと。(今は16:00送りなのでこのまま継続)

何だった食べるのですか?と尋ねられ
市販のメーカー指定のチョコレート菓子やスナック菓子と答えた。

すると翌日のデイで、スナック菓子をパクパク食べたと大口を開けているあいぼんの写真が連絡帳に添付されていた。

自然食品のスナック菓子らしい。
おやつを少し食べられると本人も少しはお腹が満たされるのでありがたい。

デイの愚痴をさんざん書いていた私…

校門前で会った時、何人かの職員さんと話して感じたこと。

個々の職員さんは話しやすく対応も良い。

返信が遅かったり、忘れられたりするのは職場環境なのかなと。
忙しい手が足りないなど。(責任者の仕事が多い?)

なので、忘れられないようにメールと電話で連絡。
前日に確認メール。
トリプルの連絡をしていけば良いのかなと。

クラスのお友達も同じデイを利用しているし、こちらの考え方ひとつで変わってくるのかなと感じた。

そんなこと書いていても、また愚痴ると思うけれども…(・_・;


にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村



自閉症児育児ランキング


よろしければ応援クリックをお願いします。😊