どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常

自閉症の娘の育児、家族の記録

【療育】今年度の療育が終わる

昨年4月より母子通園で通っている療育。
今年度の療育が終了した。


(療育で作った、粘土作品)


初めての先生、お友達、場所に慣れるのに時間がかかる、あいぼん

行くのを嫌がったり、母子分離の日は荒れたり、、

超偏食のため、療育後のランチをどうするか?
色々、試してみて、今はマクドナルドでドライブスルーに定着している。

療育の時間だけが、【療育】ではなく、行く前の用意から、ランチ、帰宅後の生活を含めて療育なんだなぁと、1年を振り返って思う。


週1母子で通うことで、一緒に学び、相談できる場所、先生がいること。

同じ境遇のママ達とお話しできること。

あいぼんだけでなく、私にとっても有意義な1年だったと思う。


療育終了後は、担任の先生が駐車場まで見送って、大きく手を振って下さった。

クラスのお友達、ママ達ともお別れ。

4月からは、それぞれ新たなスタートになる。


あいぼんの発達に不安に感じ、初めて療育センターを訪れたのは、3年前の春。

私達親子なりに、ゆっくりだけど、歩いて来れたのかなぁと思う。

立ち止まったり、逆戻りしながら、、


それでいい。

この先も、立ち止まりながらと歩いていけたらと思っている。







にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村



自閉症児育児ランキング


よろしければ応援クリックをお願いします。😊