どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常 

自閉症の娘の育児、家族の記録 支援級の3年生です。

【小学校】両親で見守り当番

あいぼんの通う小学校では、原則【登校班】で通う決まりになっている。

登校班には【見守り当番】があり、保護者が交代で当番にあたる。

あいぼんの属する登校班は、A班、B班の2つの班が合併して1つになったため集合場所が2ヶ所あり

1、B班→ A班の集合場所までの見守り当番

2、A班から学校までの見守り当番がある。

我が家はA班なので、1の見守り当番の時は、一緒にあいぼんと登校しない親が当番をする。(別の集合場所に連れて行くのが難しい)

この日は、1、2の両方の当番だったため
母親→1
父親→2  というように両親で見守り当番をした。

登校班での登校にだいぶ慣れて来たので、親が付き添う距離を縮めていけたらと思っている。

というのも、支援級在籍の児童も登校班の班長をしているから。(情緒級の児童は問題なく当たり前のようにしている)

先日、知的支援級の児童(別の登校班)が、班長をして先頭を歩いている様子を見かけた。

あいぼんが6年生になり、班長をできるとはとても思えないが…
まだ先だけれど、遠くない未来。
免除してもらえないか相談して(先生や班の保護者)どうしても難しかったら親がサポートしつつやろうかなぁと思う。



にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村



自閉症児育児ランキング


よろしければ応援クリックをお願いします。😊