どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常

自閉症の娘の育児、家族の記録

【就学】ランドセルに対する想い

我が家には使っていない新しいままのランドセルがある。
f:id:gorinosuke:20210707191309j:plain

次女が入学する年に買った物。
保育園の年中組、5歳の時に亡くなったから、ランドセルは背負っていない。

お姉ちゃんが小学生になる時、お姉ちゃんのランドセルを羨ましそうに見ていた次女。

「ななは、1年生になったらピンクのランドセルが欲しい!お母さん買ってよ!」とニコニコ笑顔で言っていた。

うん、買ってあげるよ!
ピンクのランドセル!

私はそう答えた。

3年後、ピンクのランドセルを買い、背負って歩く姿を見れると疑うことなく…

朝まで元気に隣りで笑っていた子。
その日の夜にはもうこの世にいない、そんなことが本当に起こる。

我が子が小学生になる、当たり前に訪れると思っていた。

当たり前は叶うことなく、ランドセルへの想いが今だに残っている。


十数年の年月が経ち、来年はあいぼんが小学生になる。

ランドセルはまだ買っていないし、本人と選んでもいない。

あいぼんの好きな色、ピンクにしてあとは出来るだけ軽く、扱いやすい物がいいなと思っていた。
ふわりぃの障害児用ランドセル

このランドセルも可愛いんだけれど…

憧れの可愛いランドセル、ディズニーやサンリオのキャラクターのランドセルが欲しくなってきた。

東京ディズニーリゾート限定のランドセル

サンリオのランドセル

決めるのは、あいぼんに決めてもらう。

最後の我が子のラン活、小学校の入学。
私の意見も提案してみようと思う。

支援級の子で集団登校出来ない子は、親の送迎が基本。
毎日の送迎の母のモチベーションを上げるためにも可愛いランドセルが買いたい。

ディズニーリゾートのは高いけれど…


にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村



自閉症児育児ランキング


よろしければ応援クリックをお願いします。😊


どんな空でも - にほんブログ村