どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常

自閉症の娘の育児、家族の記録

療育センター診察時用の絵本と薬の受取り

療育センターの診察の際、コロナ前は待合室におもちゃや絵本があったので助かっていた。

撤去されてから、自宅からおもちゃなど持って行くようになった。

今回、用意したのは、すみっコぐらしの本。
f:id:gorinosuke:20210322101930j:plain

少し小さめで持ち運びやすい。

この絵本とお絵描きセット、別の絵本、小さなおもちゃを持って行く。

待ち時間が短いと良いが、長いとネタが尽きてくる。

薬を飲んでいるので定期的に診察は必須、、
だけど毎回、時間調整、予告等など憂鬱。

すんなり行けないんだもの。

薬はもちろんネット予約。
処方箋の写真を送って、日時を指定して後日受取りに行く。

あいぼんと一緒には受取りに行けない。

もうすぐ6歳だけど…
行けないのよ。


☆ 睡眠の薬がロゼレムから新薬のメラトベルに変更になった。

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村



自閉症児育児ランキング


よろしければ応援クリックをお願いします。😊


どんな空でも - にほんブログ村