どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常

自閉症の娘の育児、家族の記録

あるシングルマザーの方のブログ

半年ほど前から読んでいるブログがある。

おすすめで出てきて、何気に読み始めたのがきっかけ。

小さなお子さんの子育て真っ最中のママさんで、微笑ましい、でもバタバタの毎日がつづられている。

読み進めていくうちに、彼女が死別シングルマザーで、ご主人を交通事故で亡くされていることを知った。

いつもはただ読んでいるだけで、コメントをしたことがなかったが、ある記事の内容が気になり、初めてコメントをした。

お子さんの目やにが酷くて、眼科を受診予定という内容。

すぐに浮かんだのが、先天性鼻涙管閉塞症だった。

亡くなった次女がそうだったから。

f:id:gorinosuke:20200811125547j:plain
(4歳後半か5歳のころの次女)

生まれてから片目だけ、ずっと涙が溜まっていて、目やにが出ていた。

1件目の眼科では、目薬を処方されただけで何もわからず…

当時の私の愛読雑誌、ひよこクラブに、たまたま目の病気の特集があり、鼻涙管閉塞症が載っていた。

これだ!と思い、別の眼科を受診。

涙道ブジーという針金を、涙点から鼻涙管の膜を通す手術をした。

動かないように押さえて。

すごい泣き声だったけれど、処置して治してもらう事が大事だから。

2度したけれど、開通せず、次女を出産した総合病院に紹介状を書いてもらい受診。

そこでは1度で開通した。

涙目と目やにはすっかり良くなった。

その後、1ヶ月後に再診で診てもらい、完全に開通していた。

この眼科の診察、当時2歳8ヶ月のお姉ちゃんも連れて行っていた。

待ち時間にお昼ご飯を食べられるように、おにぎりを持参していた。



鼻涙管閉塞症のことが書かれたブログを見て、良くなって欲しいという気持ちと、一生懸命、子育てを頑張っている彼女を陰ながら応援したい思い。

そして、19年前、3歳差の姉妹の子育てに奮闘していた自分自身を重ねていた。

痛い思いして治療して、やっと治ったこと。

次女は、亡くなる少し前まで虫歯治療で歯医者に通っていた。

何のために治療したのだろう…

虫歯治療って、これから先も生きていく人のための治療なんだ、、となんかすごく思った。

意識不明の状態では、虫歯なんていってられないよね。

あれから19年が経ち、あんな日々もあったなぁと振り返られる程になった。



ご主人が亡くなってまだ少しの彼女にかける言葉は見つからない。

時が経っても、悲しみは消えないから。

消えないどころか大きくなる。

世間の人は忘れていくけれど、当事者が忘れることはない。

悲しみは消えないし、忘れることもないけれど、、

そういうものなんだと受け入れられるようになるには、10年はかかったかな。

けれど、時と共に癒えていくものもある。

一生、付き合っていく感情なんだろと思う。





にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村



自閉症児育児ランキング


よろしければ応援クリックをお願いします。😊


どんな空でも - にほんブログ村