どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常

自閉症の娘の育児、家族の記録

特別支援学校の見学へ行く

以前予約していた、特別支援学校の学校見学に行って来た。



(学校見学の帰りに食べた、ハンバーグ)


会議室でスクリーンを見ながら、パンフレットをもとに学校の説明を受け、簡単な質問について返答があり、その後、校内の見学となった。


知的障害の特別支援学校、8割が自閉症スペクトラムの児童ということで、視覚支援が行き届いている。

クールダウンするスペースもある。

少人数の手厚い支援が受けられる。

授業の様子を見学し、児童の様子を見て、落ち着いているように感じた。

先生のお話では、荒れているお子さんもいるし、いつも落ち着いているわけではないそう。


あいぼんには、支援学校の方が合っているように感じた。現時点でだけど。


ただ、支援学校は手帳が重度でないと難しいそう。(療育の先生に聞いた)


年長の時に特別支援教育総合センター(特総センター)で就学相談をして、特総センターの判定になるらしい。

親が希望しても、支援学校に行けない地域だそう。

逆に支援学校、支援学級の判定になっても、親が希望すれば、普通級には行けるらしい。


【今後すること】

年長になったら、特総センターへ就学相談の申し込み。

地域の小学校の特別支援学級の見学、校長先生と面談。

再度、特別支援学校の見学。



先日受けた発達検査の結果を聞く際、心理士さんにも相談してみよう。



どんな感じなのかなと思っていた支援学校。
高等部まで見ることが出来たので、漠然としてだけど、こんな風に育っていくのかなと、心づもりが持てた気がする。






にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村



自閉症児育児ランキング


よろしければ応援クリックをお願いします。😊