どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常

自閉症の娘の育児、家族の記録

12年…

次女が亡くなった日。

あの日から12年が経った。

晴天の土曜日の朝、私達は次女のアレルギー外来へ向かう途中だった。

時が経って鮮明に残る記憶がある。


朝まで元気だった人、笑顔で笑っていた人がその日の夜にはいなくなる。

そんなことが起こることがある。


生きているって、奇跡なんだな…


あいぼんは、母にすごくべったりな子で、母子分離が難しい。

小さな子って、そうなんだろうけれど、あまりにもべったり過ぎて、次女が生まれ変わった?と思うことが時々ある。

実際はそうではなく、別の人格なんだけど…

あいぼんと次女とは、性格も容姿も全然違うから。


生きていたら、17歳かぁ…
亡くなった子の年齢を数える、ずっと続くことなのかもしれない。

次女が亡くなってから、空を見上げることが多くなった。

今朝の空、朝焼けがとてもキレイだった。

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村



自閉症児育児ランキング


よろしければ応援クリックをお願いします。😊