どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常

自閉症の娘の育児、家族の記録

今年1年を振り返る

少し早いですが、今年1年を振り返ってみようと思う。

あいぼんのこと)

◯ 大きなことは、4月から保育園に入園したこと。

登園時の行きしぶり、降園時の癇癪…
保育園で過ごすことは、あいぼんに負担になっているのかなと感じるけれど。

言葉が増えたり、成長も感じられるので、いい刺激もあるのかなと思う。

ただ退園勧告されたという話を聞くので、、心に留めておこうと思う。


◯ 療育グループに入れたこと。
昨年5月より待機中だった、療育グループに入れたこと。

療育では、少人数で目に見える支援をしているので、わりと落ち着いて過ごせている。

◯ 障害者専門歯科に通い始めたこと。
5月から障害者専門歯科に月1程度通っている。
歯医者に慣れてもらうためで、歯磨きをしたり、診察台に座る練習をしている。



(私のこと)

◯ カウンセリングに行くようになったこと。

大学の心理相談室に、定期的にカウンセリングに通っている。

話すことで、何を大事に感じているのかなど改めてわかる気付きがあるので良いと思う。


◯ ペーパードライバー講習を受けたこと。

重い腰を上げて、車購入を機にペーパードライバー講習を受けたこと。

近所のスーパーや、療育センターの往復ぐらいなら運転出来るようになった。

次女の命日に向かうこの季節は、いろんな思いが蘇る。

それが、苦手な冬の季節に行動に移せたことは大きい。

今年一番の頑張りだと思う。

療育、偏食外来などに公共交通機関で通うのはかなりハードで、、

必要に迫られペーパードライバー脱出したわけ。


あいぼんが健常児だったら、ずっとペーパードライバーのままだったと思う。

癇癪起こしたり、、
エスカレーター逆走したり。
電車で寝転んだり、、そんなことは健常児なら、ないことだろう。


障害児の親として、生きていくための小さいかもしれないけど、大きな一歩を進めたように感じる。

にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村



自閉症児育児ランキング


よろしければ応援クリックをお願いします。😊