どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常 

自閉症の娘の育児、家族の記録 支援級の3年生です。

保育園ごっこ

お気に入りの、ここたまの人形を並べ始めた、あいぼん


ブロックの一部を持って、何か話しかけているよう。

「ナンサイになりましたか?」

「3歳!」

「おめでとう🎉」 拍手する。

どうやら、お誕生日会の再現をしていた様子。


夏にした、スイカ割りの再現もよくする。


「おうち帰ります。」
「ママ来ます。」って繰り返すから、何だろう?と思ったら

先生のマネらしい。


そう、先生にお願いしていたの。

父→ 朝の送り 母→ 夕、お迎え など朝夕で違う場合、戸惑っているみたいなので、私の写真と家の写真を見せてもらうようにしている。

理解しているよう。

あいぼんの話し方(再現の仕方)が、どこかで聞いたことがあるなぁと思ったら


ドラマ 『光とともに』のワンシーンだった。

りお先生が光くんに、学校から帰る時、写真を見せて伝えるシーン。

先生、光とともに見たのかな?

熱心な先生だから、そうかもしれないし、自閉症児への話し方を勉強されているのかもしれない。



お姉ちゃんがポツリ。

「そんなに真似するんやったら、保育園楽しいのちゃうの? 何で嫌がるん?」と…


楽しいこともあるけれど、ガマンすることも多いのかなぁ。




にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村



自閉症児育児ランキング


よろしければ応援クリックをお願いします。😊