どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常 

自閉症の娘の育児、家族の記録 支援級の3年生です。

車のこと

我が家は車がありません。
電車、バス、電動自転車で移動しています。



車があった方が便利だけれど、使用頻度と維持費を考えて、必要な時はタクシーを利用しています。

出来れば車を運転したくないというのも本音です。


保育園に入園出来なかったら、今まで通り、日中、2人で過ごすことになります。


療育センターの広場、支援センター、公園、大型スーパーがメインです。

発達の気になる子供と親のサークルがあるのですが、車がないと不便な場所にあります。

日中の出掛け先を広げるために、車が必要かなと。


車を運転しなくなり、もうすぐ4年。
20歳の時に免許を取得して、無事故無違反です。

次女の事故以来、運転は怖いです。
赤信号で停車していて、ノーブレーキで追突されたから。

まさか…です。
人生には、「まさか」という坂があると、ある講習で講師の先生が話していたのをいまだに思い出します。


当時は、ひとり車1台が当たり前の地に住んでいたので、必要に迫られて運転していました。
今はなくても生活出来るので、出来れば運転したくないのですが…
そうも言ってられないかなぁと。

娘は、生まれた時から車に乗る機会がほとんどありません。
まず、車に乗り近所のスーパーに行く。
そこから親子で練習かと思います。


事故に遭うまでは、ひとりで高速に乗り大阪などに出掛けていました。

事故の時のあの衝撃、記憶がない部分もありますが、恐怖心は消えません。

けれど、運転した方が、行動範囲は広がります。
三女とのこれからを考えると、乗れた方がいいと思います。


『おかあさん、がんばれー』
お空の次女が応援してくれているかな…


ペーパードライバー講習の受講も視野に入れたいと思います。







にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村