どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常

自閉症の娘の育児、家族の記録

子どもを亡くした親、障害児の親

只今の時刻、23時30分。
あいぼん、起床です、、、

珍しく、20時半に寝たので、夜間覚醒は覚悟していたが、日付変わらず覚醒、、、

このまま保育園に行くまで、起きているコースだと思われる…

あいぼんの場合、もう一度寝るってないので。

深夜に起きて来て、部屋中の電気をつけられ、起こされる。

電気が必要な夕方から夜にかけて、電気を消され暗闇になる…

キツイっす…




私には3人の娘がいる。

次女は5歳の時に、交通事故で亡くなっている。

赤信号で停車中、前方不注意だった後続車の運転手にノーブレーキで時速70キロのまま追突され、私と長女が怪我をし、次女は事故発生から約14時間後に亡くなった。

突然の我が子との死別は、その悲しみ暮れる時間もなく、病院、警察、検察、裁判所と駆け回らなければならなかった。

相手の運転手は、任意保険に未加入だったことも私を苦しめた。


当時の私は、人生にこれ以上の苦しみはないと思っていた。


この先、何が起きても耐えられると思っていた。


けれど、、

自閉症児を育てていくことは、我が子との死別と比べることではないけれど…

なかなか困難な、毎日だと思う。


次女を亡くした時、どんな人の話を聞いても、本を読んでもすっと入ってこなかった私。

葉祥明さんの【もういちど会える】という絵本に出会い、次女が生まれてきた意味を感じることが出来た。

もういちど会える

もういちど会える


そこで葉祥明さんの絵本で、障害受容のレビューが多かった【生んでくれて、ありがとう】を読んでみた。

生んでくれて、ありがとう

生んでくれて、ありがとう


いい本だと思う…


自閉症児育児には、当てはまらないかな、、

今の私には、すっと入ってはこなかった。

今の私には…

もっと時が経てば、何か感じるのかもしれない。



にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村



自閉症児育児ランキング


よろしければ応援クリックをお願いします。😊