どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常

自閉症の娘の育児、家族の記録

18歳の誕生日

平成13年7月1日に産まれてきた次女。

生きていたら18歳。


天皇家愛子様と同じ年に産まれたので、愛子様のお誕生日の報道をテレビで見ると、もし生きていたらこんなに大きくなっていたのかな?と…
亡くなって数年は、複雑な気持ちだった。





あいぼんにはお姉ちゃんがふたりいる。

ひとりは、時々このブログに登場する、長女20歳。

もうひとりは、次女のななちゃん。

14年前に交通事故で亡くなった。

朝まで元気で笑っていたのに…。

息を引き取り、病院から車で家へ抱っこして連れて帰る時、次女が産まれた日のことが鮮明に思い出された。



産まれた時は、柔らかくて暖かかったなぁ。
こんなに固く冷たくなってしまった…



話しても大丈夫そうな場所では、聞かれたら、三姉妹の母だと話している。

大丈夫そうな場所で、大丈夫そうな人に。



妊娠中、あいぼんが女の子だとわかった時、とても心配なことがあった。

あいぼんを育てていく中で、次女と重ねて辛くならないだろうか?と。

あいぼんは4歳、次女が生きていた5歳に近づいてきたけど、不思議とそういうことはない。

定型発達の次女と、自閉っ子のあいぼんが違い過ぎるからかもしれない。





保育園に入園した頃は、年長、年中さんの女の子の姿を見るのが辛かった。

おしゃまなおしゃべりな女の子に話しかけられると、一気に当時に戻って苦しかった。


今は大丈夫になっている。









にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村



自閉症児育児ランキング


よろしければ応援クリックをお願いします。😊