どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常

自閉症の娘の育児、家族の記録

3歳児健診へ行く

1か月ほど前に届いた、3歳児健診の通知。

はぁ、、、
まずは、ため息でした。

うちの自治体、子供が多いのですよ。
受け付け時間が1時間あるのですが、その1時間以上前から順番待ちの人が…

1歳6か月児健診のとき、3時間ぐらいかかって、へとへとになりました。

まぁ、それだけではなく、健常児の3歳児をたくさん近くで見たくない!
これが本音でございます。

時間ギリギリに健診会場へ向かいました。

それで正解。
待ち時間はそれほどなく、お話の部屋へ通されました。

会場に入る前から、あいぼんが泣いていたのは言うまでもありません。


あいぼんが泣くのは想定内。
お話の途中、あいぼん寝てしまいました。

保健師さんとの問診は、サクッと済み。
「療育センターに行かれているのですね。」

診断名のついた、療育センターにかかっている3歳児は、ふるいにかける必要もなく。

療育センターで相談してねー的なのでしょう。

身長、体重はグラフの真ん中より少し下で順調に成長。

あとは…
特に何も言われなかったです。

懸念していた、健常児の3歳児を見る事は、、、

大丈夫でした。

ショックを受けることもなく。

あまりにも、次元が違い過ぎたから!

もうねー

保健師さんや栄養士さん、歯科衛生士さん、「みんなはどうかなー?」って、質問するんですよ。

保護者に対する、一方的な説明ではなく、3歳児に尋ねる。

答えが普通に返ってくる。

異次元にいるよう。

異国の地ですわ。

だから、ショック次元ではありませんでした。


健常児って、すごい!

あいぼんなりのスピードで成長しているけれど、その何倍ものスピードで、健常児は成長しているのですね。


夏頃、発達検査を受ける予定ですが、ある程度の覚悟はしておかないと。

そう思った、3歳児健診でした。

帰りの電車の中で絵本を読む、あいぼん

頑張ったご褒美に購入しました。

頑張ったのは、あいぼんだけでなく、母も!

頑張ったよ、、


にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村