どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常

自閉症の娘の育児、家族の記録

コウノドリ* オランダへようこそ

ドラマ コウノドリの最終回を見ました。

ドラマで紹介されていた
オランダへようこそ という詩。

この詩は知っていたのですが、娘が自閉症と診断された後に読むと重なるところがありますね。


ダウン症のお子さんを持つ女性、エミリー・パール・キングスレーさんが1987年に書かれた詩です。

イタリアとオランダに例え、障害児を産み、育てていくということを表現されています。


そうだなぁと共感することが多い詩。

私が一番、この詩に共感したのは、心の痛みは決して消えることはないというところです。

障害児を育てることは、視点を変えると楽しめるけれど、決してきれいごとでは済まされないこともある。
素直に表現されているのが、心にじんときました。


心の痛みは決して、決して、消えることはありません。
だって、失った夢はあまりにも大きすぎるから。

でも、
イタリアに行けなかったことをいつまでも嘆いていたら、オランダならではの素晴らしさ、オランダにこそある愛しいものを、心から楽しむことはないでしょう。


最後のこの文面です。




自閉症の子の育児…
オランダというより、もっとサバイバルな国に感じますが、、
例えるなら、戦地ですな、、(๑•ૅㅁ•๑)


この詩を心に、娘の育児を楽しめたらなと思います。



にほんブログ村 子育てブログ 発達凸凹育児へ
にほんブログ村