どんな空でも 自閉症の娘と家族の日常

自閉症の娘の育児、家族の記録

娘のお昼ごはんと偏食事情

偏食の娘のある日のお昼ごはん。

マクドナルドのハッピーセット、チキンナゲットセット。

大好きなランチにご満悦の様子。😄

この日は、朝マック時間に買いに行ったので、ハッシュドポテトを頬張る。😆

週一で、マクドランチしております、、


医師や心理士さんに、偏食の相談はしています。

あまり気にしすぎたら、お母さんがまいってしまうので、何でも食べたらOK🙆ということにした方がいいとのこと。

感覚過敏があって食べられなかったり、混ざっているものは、砂を食べているように感じたりするそうです。

健常のお子さんの偏食レベルではないので、知らない人は、ひいてしまうでしょうね…


ごはんは、ハッピーセット、素うどん、素ラーメン、パン屋さんのクロワッサン、カレー、鮭フレークごはん、ジュレかけ豆腐、コロッケ、からあげクンの繰り返しです。

あと、指定のパン、キウイ、みかん、いちご🍓。

以前食べていた、チキンライス、チャーハンは、やはり食べなくなってしまいました。


初めて娘の発達障害を疑ったのは、哺乳瓶&ミルク拒否でした。
離乳食は、順調に食べていたのですが、1歳を過ぎてから、ひどい偏食が始まりました。

ただの食べなくなる時期とは違う?違和感はずっとあって…

保健師さんや栄養士さん、子育て相談員の方に相談は、何度もしました。

でも

『そういう時期ですよ。』
『お母さん、考え過ぎ〜』

と言われていました。



子どもを一番そばで見ているのは、母親。

母親の感は当たることもあると思います。

やっぱり、娘の偏食、自閉症だったからじゃない❕

療育センターに繋がって、診察までの待機の間、私は、関係のない第三者(相談にのって、気にしすぎと言った専門家)に対する怒りが大きかったです。

「あなたのお子さんの偏食、自閉症ぽいですねー」と、立場上、言えないでしょう。と主人に言われて、そうだよねと、思いましたが。


医師以外、診断名を告げることは出来ないから。

ただ、発達障害の可能性はあるかもしれない。と、言って欲しかったなと思います。

保健師さんから、親子教室のお誘いがあり
あれ?やっぱりうちの子、発達遅い?と感じ、それから、あれよあれよと言う間に、診断に至りました。

本当は、あれ?と思われていたんだけれど、言えなかっただけなんでしょうが。

私の中では、あれよあれよと言う間だったんですよ。

そんな過程を、色々言ってもどうもならないのですが。

この先、療育で、接し方を教えてもらうことは出来るけれど、

家庭で過ごす時間の方が、うんと長いから、家族で頑張っていくしかないんですね。

ハイレベルな子育てらしいです。

私にそんなキャパはないよ…