どんな空でも

自閉症の娘の育児、家族の記録

まだかな療育手帳

8月末に申請手続きをした、療育手帳
2ヶ月ほどで出来ると聞いていました。
もうすぐ2ヶ月…

先週月曜日に問い合わせをしたら、もうすぐです。と言っていたのですが。

申請してから、10日ほどして役所から電話があったんですよ。

写真の顔の真ん中がインクで汚れてしまったので、、何故だかわからないのですが…
このままの写真で仕上がってしまうので、新しい写真を送ってもらえませんか?と。

すぐに送りましたよ。
でも、正直、写真汚すなんて…と思いました。
簡単に送って下さいって言うけれど、細かい話、切手代もかかる。
写真だって予備があったから良かったけれど、新たに撮り直しとなると、自閉っ子の場合、なかなか大変です。

それから…

療育手帳の対象になるということに、
やはりいろんな思いがあります。

幼い我が子の写真。
障害児になる、申請をすることで正式に。
そんな思いを抱えての申請手続きだったのに。


遅いのもまだかな?と思いますが、写真を汚されたことが一番、ムカッとしたいるんだなと、ブログに書いてみて思いました。

役所の人にしてみれば、ひとつの手続きでしかないのかもしれないけれど。

せめて、汚した本人から、謝罪の言葉が欲しかったなと思います。


通知が届かないかな〜と、ポストを見る日々は、いつまで続くのか。